ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今日からしばらくは、新川崎駅で撮ったEF66・EH200の写真を掲載します。

写真は新鶴見で休んでいたEF66。

最初はパンタも下がっていたのですが、しばらくすると運転手が乗り込み、機関車はご覧のとおり出撃待ちの状態に・・・

スポンサーサイト



個人的には、「EF66は東海道・山陽本線でしか見られない」・・・とのイメージが強いのですが、近年では高崎線高崎操車場や黒磯までも足をのばし、東北本線などでも見かけることができます。

ただ、基本番台が激減していてなかなか写真を撮る機会が少なくなっているのが残念。

自分もまだ基本番台の写真は撮れていなので、そのうち狙うつもりです。

100番台はこれはこれでかっこいいですが・・・



前回と似たような写真ですが・・・コンテナ専用列車です。

EF66といっても、100番台車はJR民営化に増備されたグループで、まだまだ元気に活躍中。

写真の132号機はEF66の最終増備車のうちの1両です。(ラストNOは133号機。)


今回、新川崎駅ではこの位置から機関車を狙いました。

平日の12時~14時は比較的南に下る列車が多く、この位置で貨物列車を撮るには良い時間帯です。

幸い、この日は横須賀・総武直通快速や湘南新宿ラインなどの上り列車と被ることなく写真が撮れました。



五井駅で撮った209系です。

ところで、なぜ五井駅かというと・・・

実はこの写真、6月に小湊鉄道の五井駅で行われたイベント(キハ200の運転体験)に参加するために五井駅に行き、その合間ものです。

ということで、次回から小湊ネタがしばらく続きます。



6月に、小湊鉄道のイベントに参加しました。

講習を受けて、キハ200の運転を体験できるというもの・・・・

写真は、とりあえず五井駅に到着して、JRのホームから小湊の車両基地方面を撮ったもの。

後ろの貨車が気になります。



前回同様、JR五井駅ホームから小湊の車両基地方面を撮ったもの。

ちなみに、運転体験はこの敷地内で行われ、200メートルの距離を往復しました。

運転している管理者や友人の写真なども撮りましたが、残念ながら個人情報なので掲載できず・・・

あらかじめご承知ください。


五井駅を出発して、小湊鉄道最初の踏切(五井駅構内の端にある踏切)は、いまや珍しいチンチン踏切(電鈴式)だったんですね。

チンチン踏切については、先日上毛電気のときにとりあげましたが、もっと身近にあったなんて気がつきませんでした。

(管理者は千葉に住んでいます。)


ちょっと分かりにくいのですが、

踏切を通過しようとする列車は4両編成です。

単行や2連で走るイメージの強い小湊鉄道ですが、朝の通勤時には4連の列車も存在します。

ゴールデンウィークなどの行楽シーズンのときも、4連の列車をみかけることがしばしばあります。



五井駅構内で働く入れ替え用のちっちゃな機関車です。

イベントの後半で構内のある車両一部の撮影会も実施され、そのときに撮ったものです。

こういう写真はイベントにでも参加しないと、普段ではなかなか撮れないので・・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。