ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


南武支線の浜川崎駅です。

南武支線側の浜川崎駅は、1面2線の島式ホームで、1・2番線が割り当てられていますが、1番線のホームは使用されておらず、実質1線のみです。

写真は、駅舎側から列車の到着しているところを撮ったものですが、このように終端部が車止めになっていて、その先に(写真だと手前に)トイレと駅舎があります。


浜川崎駅の南武支線ホーム、尻手側から撮った写真です。

写真左手の複線は東海道本線の貨物支線、その手前の複線で右上の方に伸びている路線は、その先が鶴見線の扇町方面に続いています。

訪れたのは平日の日中でしたが、このとき貨物列車は見かけませんでした。

列車が出発した後 、自分以外には利用客も駅員も誰もいませんでした。

複雑に敷かれた線路から、この駅の全盛期の状況を伺い知ることができますが、それだけに寂しさを感じました。


鶴見線の浜川崎駅ホームです。

南武支線の浜川崎駅と鶴見線の浜川崎駅は、道路を挟んで別の駅になっていて、乗り換えるときはいったん改札を出ることになります。

といっても無人駅なので、改札を出る度々に駅員に説明する必要はありませんが。

鶴見線の駅には跨線橋があり、その上に改札があります。

ホームは3・4番線の番号が振られています。


浜川崎駅の鶴見線ホームに列車が到着するところです。

鶴見線(鶴見ー扇町間)では、日中は鶴見ー浜川崎間での運用が中心で、浜川崎より先の扇町まで走る列車は2時間に1本程度しかありません。

多くの列車は浜川崎駅折り返しとなりますが、折り返し列車は、3番線(下りホーム)に到着し乗客を降ろした後、いったん扇町方面に引き上げて本線上で折り返してから、あらためて4番線(上りホーム)に入線します。


鶴見線の扇町駅です。

今はともかく、鶴見線は旅客よりも貨物輸送がメインで、埋立地最先端にある扇町駅周辺は、工場以外何もなく、利用客は従業員や工場・企業関係者ぐらいしかいないのでしょう。

旅客用としては1面1線の単式ホームで無人駅。

列車は平日でも日中は2時間に1本のみで、到着するとあまり時間をかけずにすぐに折り返してしまいます。

大都市の中のローカル駅といったところです。

実はこんな駅、現在製作中のNゲージの中に作ろうと思っています。