ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山形鉄道を撮った後、山形交通の旧高畠駅跡を訪れました。

ここには当時活躍した車両の一部が静態保存されています。

山形交通高畠線は、かつて奥羽本線の糠の目駅(現:高畠駅)と二井宿駅の間、10.6km区間を結んでいました。

貨物列車も走っていましたが、戦後のトラック輸送の発達などもあって、1974年に全廃となってしまいました。

写真は、今も静態保存されているモハ1です。

電化の際に導入されたオリジナルの小型車で、デハニ1として日本車輌で製造されました。

1959年に西武所沢車両工場で更新工事を受けて、モハ1となりました。
スポンサーサイト


高畠に静態保存されている、山形交通のED1です。

1929年の電化の際に導入された凸型電気機関車で、川崎車輌で製造されました。

同時期に東京横浜電鉄で導入され、現在は上毛電気鉄道で動態保存されているデキ3201と同型です。

山形交通では、この他に元鳳来寺鉄道の凸型電気機関車ED2も在籍していましたが、現在は残っていません。


ワム201は、ED1とモハ1に挟まれる形で保存されていました。

ワム201は、西武鉄道から譲渡されたものらしいのですが、ネットで調べても詳しいことは分かりませんでした。

西武鉄道からは、山形の他に上武鉄道にも同じ形式のものが譲渡されているようです。


山形交通の旧高畠駅舎です。

廃止になった今でも当時のまま残されています。

駅舎は、この地域の名産である高畠石を使って建設されており、外観は40年経った今でも黄土色の立派な姿を残しています。

駅舎というよりは、昔の豪華な宮殿のようですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。