ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


会津の実家に滞在中、1日だけ家族から許可をもらい、山形方面に車で列車を撮りに出かけました。

とりあえず今泉駅に到着、入場券を買って中に入りました、

ここは山形鉄道とJR米坂線がくっついて離れる、地図で見ると不思議な駅なのであえてここに行って見ました。

実際は田んぼの中にある普通の接続駅でした。

写真は、羽後小松・坂町方面から今泉駅構内に到着するキハ110系上り列車です。

のどかな雰囲気でいいですね。
スポンサーサイト


今泉駅に停車中のキハ110系です。

米坂線は、米沢駅と坂出駅を結ぶ90.7kmの路線ですが、その乗客の多いメインとなる区間は米沢ー今泉・羽前椿間で、こちらに多くの区間列車が設置され、そちらより先には、1日6往復程度しか列車は走っていないそうです。

列車は新津運輸区の気動車で運用され、キハ110系またはキハE120系が使用されています。


引き続き、車両は米坂線のキハ110系です。

米坂線を管轄する新津運輸区には、67両(2013年4月現在)の気動車が在籍し、米坂線の他に磐越西線や羽越本線などでも運用されています。

車両は、キハ40系シリーズもあるのですが、米坂線で使用されるのはキハ110系とキハE120系のみだそうです。

キハ110系は、JR東日本管轄の非電化区間では、あちらこちらで頻繁に見かけます。

新津運輸区には、キハ40系置き換え用の新型車両投入の噂を聞きましたが、どうでしょうか。


今泉駅に到着しようとする、山形鉄道の下り列車です。

奥羽本線の赤湯を出発した山形鉄道の列車は、この駅で米坂線と接続します。

山形鉄道のフラワー長井線は 、元は国鉄(JR東日本)の長井線で、今泉駅も国鉄(JR東日本)の単独駅でしたが、1988年に長井線が山形鉄道に譲渡されたことにより、今泉駅はJRと山形鉄道の共同使用駅になりました。

現在は駅業務の全てがJR東日本に委託していて、山形鉄道の駅員はいません。


今泉駅で、米坂線の列車と山形鉄道の列車が出会ったところ。

跨線橋の上から撮りました。

向かって左のホーム(1・2番線)が山形鉄道、右のホーム(3・4番線)が米沢線ホームです。

山形鉄道は奥羽本線の赤湯を起点としていますが、奥羽本線の線路は標準軌で線路幅が異なるため、JRと山形鉄道の相互間で直接線路が繋がっているのはここだけです。

山形鉄道の車両は、小型で18m級の軽快気動車ですが、こうしてJRキハ110系と並んでいるのを見ると、両車の大きさの違いがよくわかりますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。