ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


後追いの写真ですが、近鉄22000系です。

実車は初めて見ましたが、なんか「みつばち」のような車両ですね。

22000系は、それまで汎用特急車両として使用されてきた、10400系・11400系などの置き換え用として1992年にデビューし、既に20年を経過しているのですが、その独特なタマゴ型のデザインはいまでも新鮮さを失っていません。

今回は仕事で出張の合間に少しだけ写真が撮れたというレベルですが、関東に住み、なかなか関西圏に行く機会のない為、近鉄車両を見れたのは非常に嬉しかったですね。

お小遣いを貯めて、あらためて遠征にきたいですね。
スポンサーサイト


近鉄1200系の1212F編成です。

この1212Fと1211F編成は、先頭車+中間車の2両のみという、中途半端な編成で登場しました。

これは2430系の不足車両を補うために増備された為で、2430系と編成を組んで運用されています。

界磁チョッパ制御を採用し、1981年に登場した1400系などと同系列となっています。


近鉄の車両は、形式数も非常に多く細かいので、把握するのが結構大変です。

写真の2800系は、4扉の固定クロスシート車として登場した2600系のグループに入りますが、こちらはオールロングシートです。

厳密には、2600系の量産型で冷房装置を搭載した2610系のロングシート版。

一部の車両は、L/Cカーと呼ばれ、座席がロングシート・クロスシートの両方に転換可能な構造を持つ車両に改造されていますが、写真の2813F編成もL/Cカーとなっています。


名古屋から出張先の四日市へは、近鉄電車で移動しました。

写真は名古屋駅に停車中の1010系です。

1010系は、元は1972年に登場した京都線用の920系で、名古屋線へ転属した後に今の形式名に変更されました。

一部機器を600系から流用し、当初は吊り掛け駆動方式だったそうですが、1982年以降はカルダン駆動方式に変更されています。

3両変更5本が製造されましたが、現在まだ廃車は出ていないようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。