ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


田園都市線内を走る、東武30000系です。

僅か2編成が本来の目的用として伊勢崎・日光線線系統に残っていますが、今回運が良く撮ることができました。

50050系導入後もこれら30000系の一部が残されている理由は、10両編成が乗り入れられない南栗橋や館林以北への臨時列車運転を行うなどの為だそうです。

地上線用に転用された30000系は、しばらくは伊勢崎・日光線系統でもローカル運用などて頻繁に見かけていましたが、その後全て東上線用に転属してしまいました。

現在、伊勢崎・日光線系統で見かけることのできる30000系は、半蔵門線直通用の2編成のみです。
スポンサーサイト


東急田園都市線内を走る、東武50050系です。

50000系シリーズの中では、唯一東武伊勢崎・日光線用で運用されている車両で、10両編成18本が導入されていますが、東武所有の車両としては、同線で運用される唯一の10両固定編成です。

伊勢崎・日光線系統では、6両や4両編成、またはそれらの併結運転での運用が中心で、起点となる東武浅草駅には10両編成の列車が入線することはできず、一部を除き、基本的には半蔵門線・田園都市線直通専用となっています。

直通運転の都合上、東武線に戻らず半蔵門線内で折り返す運用も多く、東武線内よりも半蔵門線や田園都市線内で見かける機会の方が多いかも知れません、


東武鉄道の50050系です。

50000系シリーズの半蔵門線/田園都市線直通仕様車で、見た目では東上線用の50000系や副都心線/東急東横線に乗り入れる50070系などとの違いが良く分かりません。

渋谷駅では田園都市線でも東横線でもこのオレンジの東武電車が走っているので、非常に紛らわしいです。

ちなみに、他の50000系シリーズの車体幅が2,800mmであるのに対して50050系では2,770mmと若干短くなっていますが、これは、「営団(現:東京地下鉄)11号線、東急田園都市線、東武伊勢崎線直通車両規格仕様に準じた為です。


多摩川のを渡る東京メトロ08系です。

05N系編成をベースとしているため、基本的な仕様は同車と共通すると部分が多いです。

制御装置はIGBT素子のVVVFインバータ制御。

乗り入れ先での高速運転を考慮して、設計最高速度は従来の110km/hから120km/hと変更され、編成比は5M5Tとなりました。

車体は2003年に発生した日比谷線の脱線衝突事故を踏まえ、側構体をダブルスキン構造にするなど、車体強度の向上が、図られています。

台車は05系11次以降車と同一設計のモノリンク式ボルスタレス台車を履き、パンタグラフはシングルアーム式のものが搭載されています。



田園都市線に乗り入れる、東京メトロ08系です。

2003年の半蔵門線押上延伸と東武鉄道直通運転開始に伴い、10両編成6本が増備されました。

東西線を走る05N系の半蔵門線仕様にしたような車両で、前面のデザインもイマイチです。

8000系と共通で運用されていますが、運用範囲が東武鉄道南栗橋・久喜~東急田園都市線中央林間までと広範囲に渡っているのに加え、車両数も少ないことから、見かける機会もあまりありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。