ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


EF210に続き、こちらも蘇我駅構内で見かけたEF65-2083です。

現在到達の進むEF65ですが、数年前から2000番台が登場しています。

国土交通省の省令により、100km/hを超える運転を行う車両には新たな保安装置(運転状況記録装置)の搭載が義務化されました。

JR貨物では、数年で廃止予定のPF機に2000万円近くの機械を取り付けるのはもったいないことから、こうした未設置でかつ数年で廃車する機関車は100km/hを超える運用から外しました。

しかしながら、それでは既にこの保安装置を設置しているJR旅客会社のPF機と区別が付きにくくなることから、こうしたJR貨物の機関車に対して、原番号に+1000を付加して、2000番台としたそうです。

そのため、改番の際に行われた改造といえばナンバープレートを交換したぐらいで、その他は何も変わっていません。


立川方面から八王子駅構内に到着する、EF64牽引の貨物列車です。

よく見るとEF64の後ろにEH200が連結されていました。

EF64とEH200の重連?

貨物列車が構内に停車した後、一番先頭のEF64は今まで牽引していた貨物列車から切り離され、構内に停まっていた別の貨物列車列車の(タキの編成)の先頭に立ち、そのまま立川方面に戻って行きました。

元の貨物列車の先頭には、EH200が引き続き連結されていて、この列車はそのままEH牽引のまま大月方面に出発していきました。

EF64は、単に回送として八王子までこの貨物列車の先頭に立っていたようです。


工場内で展示されていたEF64 1035号機です。

解体中の1049号機と違って、こちらは完成品(?)でパンタグラフも上がったままの状態で公開され、運転室も見学することができました。

そんなに古くない機関車のイメージを持っていましたが、よく見ると車体のあちこちで車体の傷みなどが見受けられました。

1982年の登場なので、もう30年以上走っていることになり、それなりに老朽化していてもおかしくないですね。

最近はJR貨物塗装ばかりになってしまいましたが、国鉄標準色みたいな濃い青色の方がこの機関車には似合います。


愛知機関区所属のEF64 1049号機です。

全般検査で大宮工場へドック入りしていたのが、ちょうどイベント開催と重なって、検査中の状態を見学することができました。

広島更新色のようですがちょっと違うみたいでした。

その後、この機関車は翌6月の上旬に大宮工場を出場しましたが、広島更新色風の新大宮更新色(?)として、一部の間で話題になっているようです。

EF64には青い塗装は似合います。


今回のイベントで展示されたEF81です。

EF80やEF58と違い、こちらは現役の機関車。

ヒサシ付きが特徴の133号機です。

側面に北斗星カラーの入った、JR東日本カラーですが、私の中では、いまだに「交直流型機関車はローズピンクが一番」というイメージが残っています。

常磐線貨物列車のEH500化などにより、EF510を含むJR東日本の機関車は余剰気味になっていますが、かなり車両数が減少しているEF81も、今後さらに淘汰が進むのではないかと気になっています。