ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


EF210に続き、こちらも蘇我駅構内で見かけたEF65-2083です。

現在到達の進むEF65ですが、数年前から2000番台が登場しています。

国土交通省の省令により、100km/hを超える運転を行う車両には新たな保安装置(運転状況記録装置)の搭載が義務化されました。

JR貨物では、数年で廃止予定のPF機に2000万円近くの機械を取り付けるのはもったいないことから、こうした未設置でかつ数年で廃車する機関車は100km/hを超える運用から外しました。

しかしながら、それでは既にこの保安装置を設置しているJR旅客会社のPF機と区別が付きにくくなることから、こうしたJR貨物の機関車に対して、原番号に+1000を付加して、2000番台としたそうです。

そのため、改番の際に行われた改造といえばナンバープレートを交換したぐらいで、その他は何も変わっていません。
スポンサーサイト


蘇我駅構内に停車するEF210ー3号機です。

蘇我駅は、JR貨物と京葉臨海鉄道が貨物列車の受け渡しを行うポイントで、ここでカメラを構えていると、双方で使用される機関車やその交換する場面などを撮ることができます。

地元でいつでも撮れるということもあり、逆に普段なかなかここで活動することなく、たまたま他の場所で撮って帰宅する帰りにみかけたので、カメラを傾けました

EF210-3は、初期形でパンタグラフはシングルアーム式ではなく、下枠交差型です。


立川方面から八王子駅構内に到着する、EF64牽引の貨物列車です。

よく見るとEF64の後ろにEH200が連結されていました。

EF64とEH200の重連?

貨物列車が構内に停車した後、一番先頭のEF64は今まで牽引していた貨物列車から切り離され、構内に停まっていた別の貨物列車列車の(タキの編成)の先頭に立ち、そのまま立川方面に戻って行きました。

元の貨物列車の先頭には、EH200が引き続き連結されていて、この列車はそのままEH牽引のまま大月方面に出発していきました。

EF64は、単に回送として八王子までこの貨物列車の先頭に立っていたようです。


前回のEF63と共に、EF6047の前面カットモデルも大宮総合車両センターに残されています。

EF6047号機は、岡山-広島間の貨物列車電化用として製造された第3次量産車のグループに属し、1963年に登場、稲沢第二機関区に配置されました。

最後は1985年に沼津機関区で廃止になり、現在はこのように前面だけ保存されています。

保存された前面カットはぶどう色2号に塗装されていますが、47号機がデビュー当初ぶどう色であったかどうは分かりません。



イベントで、廃車になった電気機関車の前面をカットしたものが展示されていましたが、なんだか生首がさらされてるみたいで、個人的にはあまりにも好きではありませんね。

大宮総合車両センターには、EF6313号機の第2エンド側の前面をカットしたものが保存されています。

こちら側は、電車の密着連結器とも連結出来るよう、双頭連結器が装着され、ここを通過するジャンパ連結器も前面左側に設置されています。

このうち、一番外側のオレンジの大きなジャンパ連結器が、169系・189系・489系と協調運転を行うためのものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。