ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


大雄山線で鉄活動を行った後、少し時間的が余ったので、千葉の自宅に帰宅する前に、根岸駅に立ち寄りました。

最近、臨海鉄道や工場引込線などで活躍する機関車に興味があるのですが、根岸駅は日石や神奈川臨海鉄道の接続拠点となっており、貨物の入れ替えが今でも盛んなところです。

写真は、貨物列車とは全く関係ない、ご存知E233系です。

個人的には、通勤で京葉線を毎日利用していて、赤ピンク帯のE233系に見慣れているので、ブルー帯の233系は新鮮に感じます。



今や、首都圏でも頻繁に見かけ、空気のような存在になりつつある、EF210です。

セノハチの老朽機置き換え用として増備された300番台も含め、2015年8月時点では96両が岡山、鶴見、吹田に分散して配置されているようですが(数字が間違っていたらスイマセン)JR貨物ではEH800とHD300の増備を優先しているため、今年度はEF210の増備は行われていないようです。

EF210の量産化が開始されたのは1998年、改良形の100番台車が登場したのは2000年と、設計もそこそこ古くなってきているので、今後増備されるとすれば、最新の機構を盛り込んでマイナーチェンジされるか、新型機関車になるかもしれませんね。



根岸駅構内で見かけたEH200です。

EH200も最近はよくこのブログにも登場しますが、それだけよく見かける機関車だということです。

この日はこの後タンクを牽引して東京方面に向かって行きました。

ちなみに、根岸駅の構内では、1面2線の旅客用ホーム(島式ホーム1面2線)より南側に、貨物列車のためのヤードが広がっています。

ここには、JR貨物の列車が使用するホームのない着発線とそれにつながる専用線との授受線が5本あります。

神奈川臨海鉄道本牧線の到着線と出発線は、駅構内の東寄りにあります。


根岸駅構内では、個性的な機関車が働いていました。

日石のスイッチャーで、昭和56年の新潟鉄工製のD50型D504です。

この機関車の同型機は、影森の秩父セメントの三輪鉱業所専用線で使用されているそうです。

これもそのうち見に行きたいです。

日石のスイッチャーは、この他にNDD56型という機関車があるそうですが、このときは根岸駅構内に出てきません。