ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回から、会津での鉄活動ネタが続きます。

実家が会津にあり、規制する度に現地で撮り鉄をしてくるので、このブログでは会津ネタを取り上げることは多いです。

会津には、今年の夏も規制しましたが、現在製作中のNゲージレイアウトの参考にと、駅の構内や周辺の様子を中心に撮ってきました。

最初は、実家から近い磐越西線の広田駅に行って見ました。

写真は、広田駅を通過する719系2両編成による快速列車です。
スポンサーサイト


磐越西線の広田駅です。

写真は駅舎から駅の構内を撮ったものです。

比較的新しい駅舎ですが、ここ会津に相応しい和風デザインの立派な建物で無人駅には見えません。

駅舎の中も広く解放されていて、地元の方の憩いの場として使用されているようです。

有人駅時代から建てられていた木造の駅舎がずっと残っていたのですが、2007年12月に火災が発生して駅舎の半数が焼失してしまいました。

現在の駅舎はその翌年に落成したもので、鉄骨平屋建てとなっています。


磐越西線広田駅の構内、ホームから郡山方面を撮った写真です。

広田駅は、会津盆地の北東の外れにあり、この先登り坂になります。

構内は、単式ホーム1面1線と島式ホーム2面1線の計3線のホーム有し、ホーム間は構内踏切で結ばれています。

かつての国鉄時代の名残か、ホーム立派で長く、長編成の列車が停車することもできますが、今は2両~4両編成の普通列車しか停まらず、もったいない感じもします。

地方のJRや第三セクターなど、元国鉄線にありがちな話です。


広田駅では、今はもうなくなってしまいましたが、かつては貨物列車の取り扱いも行われていました。

その関係で、駅構内の駅舎と反対側には側線があって、貨物列車の取り扱いを行っていたときは、この側線に貨車た停まっていたそうです。

写真は、ホームから側線側の会津若松方面を撮ったもので、よく見ると左側にゲートがあるのが分かりますが、この先は
三菱製鋼株式会社広田製作所の敷地です。

このゲートの先まで線路は続き、1980年代までは貨物の取り扱いもあったそうですが、現在は閉鎖されています。





広田駅の側線、郡山側を撮った写真です。

引き込み線が向かって左の方に向いて途切れていて、その先に車庫のようなものがありますが、シャッターは閉まっています。

写真では下の部分しか写っていませんが、その先にはセメントサイロのようなものがあります。

ここには、かつて住友大阪セメントの広田サービスステーションがありその専用線が存在していました。

専用線には、住友大阪セメント所有のオレンジ色のスイッチャーが1台いたそうです。

電化セメント青梅工場からセメントタキ車が到着していましたが、2007年3月に廃止になりました。

広田駅は、現在貨物の発着はなく設備もありませんが、一応車扱い貨物の臨時取り扱い駅になっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。